カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ




[アクアリウム]水槽・器具

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ニュータイプの産卵箱(04/12)
  3. スポイトの使い方(09/07)
次のページ


スポンサーサイト
--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


         よろしければ、応援↓↓  ↓↓をお願いします。
         ランキング  人気blogランキング FC2ブログランキング
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [ホームへ]

ニュータイプの産卵箱
2009.04.12(18:58)

けっこう使いやすい新しいタイプの産卵箱を見つけました。

普通の産卵箱は、水槽内に吸盤で貼り付けるのですが、
これは外掛けで使用するタイプです。

外掛け産卵箱1

エアーリフト式(奥側の白いパイプ)で水槽の水をくみ上げ、
手前の方から排水することで、産卵箱内部の水を循環してくれます。

水流は強くないので、底にはそれなりに沈殿物がたまります。
写真は、底に大磯砂を敷いている状態です。

気がついたら産卵箱が水槽に浮いていたとか、
水替えの時に位置をずらす必要も無く、便利です。

また、水槽内には最小限のものしか無いので、
水景を邪魔しないのも良い点です。

外掛け産卵箱2

水槽内を広く使えますし、
与えたブラインがスリットからこぼれ出すこともありません。

ちなみにサイズは、
幅約8cm、奥行き約15cm、深さ約11cm程度なので、
邪魔にならず、使い勝手が良いサイズです。

工夫次第で、いろいろな使い方ができそうです。

スポンサーサイト


         よろしければ、応援↓↓  ↓↓をお願いします。
         ランキング  人気blogランキング FC2ブログランキング

スポイトの使い方
2008.09.07(18:26)

水を張った状態の水槽に、
ソイルを直接投入すると、
気泡がソイルにまとわりついてしまい、
ダマになったり、なかなか沈んでくれなかったりします。

時には、水が濁ったり、収拾がつかなくなることも・・・。

そんなとき、前回の記事で紹介したスポイトが重宝します。

こんな要領でつかっています。

 1.水を張った容器(タッパーなど)と、
   先端を切ったスポイトを用意する。

 2.ソイルを容器に入れて、
   よくかき混ぜます。

 3.容器の底に沈んだソイルを
   スポイトで吸い込みます。

 4.スポイトを水を張った水槽に入れ、
   先端を底床まで沈めます。

 5.スポイト内の水と一緒に、
   ソイルをはき出します。

この方法だと、水も濁らず、
ソイルも浮いてくることがありません。

試してみて下さい。
 

         よろしければ、応援↓↓  ↓↓をお願いします。
         ランキング  人気blogランキング FC2ブログランキング

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。